商品情報にスキップ
1 1

プロジェクトマネジメント

課題設定力と解決実行プロセス(10PDU取得:リーダーシップ)

課題設定力と解決実行プロセス(10PDU取得:リーダーシップ)

  • リーダーシップ 10PDU
  • 初級
チュータ
なし
学習時間
10時間
通常価格 ¥19,800(税込)
通常価格 セール価格 ¥19,800(税込)
セール 売り切れ
詳細を表示する
  • ホーム
  • 課題設定力と解決実行プロセス(10PDU取得:リーダーシップ)

はじめて管理職になった方やその候補となる方を対象にしたコースです。

ビジネスの事象を構造化して分析し、課題を解決するための定石を学習します。続いて、必要な関係者を巻き込み、その考えを聞いたうえで、論理的に解決策を創り出すスキルを身につけます。

本コースの学習により、課題解決力を磨き、チームを動かすリーダーとなることを目指します。

Course introduction コース概要

受講期間 6ヵ月(+閲覧期間6ヵ月)
標準学習時間 10時間
学習目標 自分の求められている役割を認識し、チームの中核として責任を全うする
主体的に問題解決に取り組む
上司や顧客など、関係者への主体的な働きかけ・調整を行う
前提知識 特になし
対応デバイス PC、タブレット
チュータ なし
備考 本コースは、マネジメントスキルシリーズ『課題設定力と解決実行プロセス』コースを、プロジェクト・マネジャーのために調整したコースとなっております。

1つの課題を解決するまでの全プロセスを体験し、考える技術を身につける

課題解決とは何かということを理解したうえで、課題解決のプロセスに沿って、
課題が解決するまでに必要なスキルを身につけましょう。

POINT 1

コース全体が「課題を設定し、解決ために実行していく」ストーリー

ストーリー仕立てのコースになっています。舞台は、ニーズの多様化や新たな競合の出現で売上が鈍ってきたある企業。
主人公は新任のエリアマネージャーです。業績を好転させようと張り切りますが、最初はすぐつまずき、苦労続き…。
そんな主人公が先輩の助言を受けながら、課題の設定とは何か、解決への実行プロセスとは…と、
考える方法を順を追って身につけていきます。このストーリーを通し、ともに学んでいきましょう。

POINT 2

課題解決のステップがそのままコースの章立てに

マネジメントにおける課題解決には、順に踏むべきステップがあります。
課題を設定し、解決を実行するためのそれぞれのステップをそのまま、コースの章立てにしました。
そのため、コースを学び終えるとストーリー完結とともに、課題解決の全プロセスを体験し終えることができます。
課題を解決するための「考え方」だけでなく、解決策を実行するまでのプロセスすべてがコース内容となっています。

 

学習する内容

主な登場人物

■ 第1章 課題解決のプロセス

課題解決とは/課題解決のプロセス/課題解決を進めるうえでのポイント

 

 

■ 第2章 課題を設定する

課題を設定するとは( What? )/課題の設定方法

 

 

■ 第3章 本当に解決すべき課題を特定する

本当に解決すべき課題を特定する( Where? )/分解のアプローチ/Where から Why を考える/課題特定時の留意点/分解のための思考ツール1 ― MECE/分解のための思考ツール2 ― ロジックツリー

 

 

■ 第4章 本当に解決すべき課題の本質を探る

本当に解決すべき課題の本質を探る( Why? )/本質究明時の留意点/課題の本質を究明する思考ツール1 ― 仮説思考/課題の本質を究明する思考ツール2 ― 因果の構造図

 

 

■ 第5章 解決策を検討する

解決策を検討する( How? )/解決策を考える際のポイント/3ステップに沿って考える/解決策検討時の留意点

 

 

■ 第6章 実行計画を立て活動サイクルを回す

解決策を実行計画へ落とし込む( How? )/解決策実行時のポイント ― PDCA サイクル化

 

 

お客様の声

Based on 5 reviews レビューを書く

Ranking 人気ランキング

FAQ よくあるご質問

Q.

PDU申請に必要な情報はどこに記載されていますか。

A.

コース最終章の「章のまとめ」、もしくは修了証書をご確認ください。
日本語もしくは英語表記になりますので、記載通りに申請してください。日本語のコース名であっても英語で入力する必要はありません。
申請方法についてはこちらをご覧ください。

Q.

同じ講座を複数回受けても受講証明になりますか。

A.

なりません。
PDUの申請は「1つのコース ID」 につき1回です。同じ講座を複数回受けても、2回目以降の受講証明の申請は無効となります。なお、コースの「版」が変更になった場合は、コースIDが変更になりますので新たにPDUを申請いただけます。

Q.

3年間に60PDU以上を取得したのですが、PDUに有効期限はあるのでしょうか。

A.

60PDU以上を取得された方は、次のCCRプログラム(3年間)に持ち越せるのは、3年目に取得したPDUのうち「20PDUまで」となっております。
ご注意ください。

Q.

取得したPDUはどうしたらよいでしょうか。

A.

取得したPDUはPMI®本部のWEBサイトでオンライン申請します。申請方法についてはこちらをご覧ください。

Q.

申請の際、英語で入力する講座名と機関名を教えてください。

A.

コース最終章の「章のまとめ」、もしくは修了証書をご確認ください。
日本語もしくは英語表記になりますので、記載通りに申請してください。日本語のコース名であっても英語で入力する必要はありません。
申請方法についてはこちらをご覧ください。