ソフトウェア資産管理

プロジェクトマネジメント

ソフトウェア資産管理

  • ストラテジー4PDU
  • 中級
チュータ : なし ¥ 8,100(税込)

コース紹介

国際標準規格ISO/IEC19770のフレームワークに基づき、ソフトウェアの適正な資産管理の必要性や実施の内容について理解します。
また、ソフトウェアの管理体制を整備する上での基本事項を理解します。

受講期間
6ヵ月+閲覧期間6ヵ月
標準学習時間
4時間
学習目標
・ SAM概論:ソフトウェア資産管理の目的と必要性を理解する
・ SAM導入の準備:実態調査から導入にかけての動き、過程を理解する
・ SAMの構築:管理対象となる資産の把握、管理規定や利用手順などを理解する
・ SAMの運用:棚卸し、監査、定着のための継続改善について理解する
・ プロジェクト、ソフトウェア開発における SAM について理解する
対応デバイス
PC、タブレット

組織のIT資産を有効に活用する

ISO/IEC19770のフレームワークに基づき体系的に学べる

煩雑になりがちな、ソフトウェア資産管理(Software Asset Management、SAM)。
しかし適正な手順でコントロールされたIT資産は、組織の目的達成力を確実に向上させます。
本コースは、国際標準規格ISO/IEC19770のフレームワークに基づいて設計されています。
ソフトウェア資産管理の全体像を理解し、その適正な運用の必要性と管理体制の整備に関する基本的な事項を学習しましょう。

学習する内容

■ 第1章 SAM概論

ソフトウェア資産の特徴からSAMの目的と必要性を説明します。
またSAMの国際標準規格であるISO/IEC 19770のフレームワークを用いて、関連するプロセスを解説します。

SAMの目的と必要性/SAMの概要/SAMのプロセス

■ 第2章 SAMの導入計画立案

SAMの現状調査、方針の設定、導入計画立案など、SAMの実態調査から導入プロジェクトを立ち上げるまでの過程を説明します。

SAM 導入の要点/現状の調査/体制と方針の決定/導入計画の立案

■ 第3章 SAMの構築

管理対象となる資産の把握や、ソフトウェア管理規定や手順書の策定など、
SAMの導入プロジェクトで実施する主な活動の要点を説明します。

ツール導入の要点/管理対象資産の把握/文書体系と管理規定の策定/プロセス設計と手順書の策定

■ 第4章 SAMの運用

ソフトウェア資産の棚卸や SAMの監査など、SAMを組織に定着させ継続的に改善していくための要点を説明します。
また、プロジェクトにおけるSAMの実施方法についても説明します。

運用計画の策定/資産管理の棚卸/SAMの監査/プロジェクトにおけるSAM/エクササイズ – セルフワーク

コースレビュー

よくあるご質問

PDUの登録数が反映されません。

PMI®への申請について

PMI®に修了証書に記載のPDU数で 登録されていますので
一致しない場合は、PMI日本支部へお問い合わせください。

修了証書を手にいれたあとは何を行えばPMP®の資格がとれるのでしょうか。

PMP®受験について

一定期間のプロジェクトマネジメント経験など受験資格を満たしていれば、試験申し込み手続きをして受験し、合格すればPMP®資格を取得できます。
より詳しい内容についてはPMI®日本支部のWEBサイトなどでご確認ください。

取得したPDUはどうしたらいいでしょうか。

PMI®への申請について

取得したPDUはPMI®本部のWebサイトでオンライン申請します。申請方法についてはこちらをご覧ください。

PMI®への申請は代わりに行ってもらえるのですか。

PMI®への申請について

代行は行っておりません。自己申請していただけますようお願い申し上げます。

取得した PDU はどのカテゴリで登録できるのでしょうか。

PMI®への申請について

「カテゴリーA:PMI®登録済みR.E.P.または支部、PMI®コミュニティー」となります。
当社は PMI® から認定された教育プロバイダー(R.E.P.)です。

PMI®への申請手続きのやり方がわかりません。

PMI®への申請について

PMP®試験のための申請方法についてはこちらをご覧ください。
誠に申し訳ありませんが、当社では申請に関するサポートは行っておりません。
より詳細な内容を知りたい方はPMI®へ直接ご確認くださいますよう、お願いいたします。

プロジェクトマネジメント ソフトウェア資産管理

チュータ : なし ¥ 8,100(税込)