商品情報にスキップ
1 1

プロジェクトマネジメント

【PMBOK(R)ガイド第7版対応】IT プロジェクトマネジメント (35PDU取得:複数サブカテゴリ)

【PMBOK(R)ガイド第7版対応】IT プロジェクトマネジメント (35PDU取得:複数サブカテゴリ)

  • リーダーシップ 3PDU
  • ストラテジー 6PDU
  • テクニカル 26PDU
  • 初級
チュータ
あり
学習時間
35時間
通常価格 ¥41,800(税込)
通常価格 セール価格 ¥41,800(税込)
セール 売り切れ
詳細を表示する
  • ホーム
  • 複数カテゴリ
  • 【PMBOK(R)ガイド第7版対応】IT プロジェクトマネジメント (35PDU取得:複数サブカテゴリ)

現在注目されているプロジェクトマネジメント手法をベースに、ソフトウェアまたはシステム開発のライフサイクルの中で、プロジェクトマネジメントを実践していくための基本的な手法や考え方を学びます。

プロジェクト・マネジャーのもとで、チームの一員としてプロジェクトを円滑に推進するための実践的な知識を身につけるとともに、将来プロジェクト・マネジャーを目指す人材としての基礎的な知識とスキルを習得することを目標とします。

また、最新である PMBOK (R) ガイド第7版に対応した本格的な IT プロジェクトマネジメントコースであり、従来のカリキュラムを全面的に見直しました。

Course introduction コース概要

受講期間 6ヵ月(+閲覧期間6ヵ月)
標準学習時間 35時間
学習目標 IT課題を適切にプロジェクト化できる
プロジェクトを企画・立案できる
プロジェクトを管理・運営できる
プロジェクト・ワークに必要なマネジメントスキルを身につけ、実践できる
前提知識 何らかのプロジェクトに参画した経験
何らかのプロジェクトマネジメント入門コースを受講済みだとなおよい
(『実践的プロジェクトマネジメント再入門(3PDU 取得:テクニカル』)
対応デバイス PC、タブレット、スマートフォン
チュータ あり
備考 本コースウェアでは PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系)ガイド第7版の所有を必須とはしておりませんが、コース学習をより発展的に実施するには該当書籍の併読をお勧めいたします。
株式会社ネットラーニングは ATP (Authorized Training Partner) として本コースでの PDU 提供を許可されています。
PMP 有資格者が本コースを修了すると 35 PDU が発給されます。
・サブカテゴリの配分は以下になります。
Strategy 6
Leadership 3
Technical 26
合計35PDU

担任制チュータ

本講座にはあなたの学習を二人三脚でサポートする専任のチュータが担任でつきます。あなたとチュータだけが利用できるパーソナルな掲示板「チュータHotLine」を利用し個別指導を行います。何回でも質問ができ、原則24時間以内(非営業日除く)にチュータから返答が届きます。学習のはじめからおわりまで同じチュータが指導するため、個人の成績や伸び具合に応じた的確なアドバイスを行います。わからないことなど、受講期間中いつでもお気軽にご相談ください。

お申し込みから受講開始までの流れの図

プロジェクトマネジメントの手法や考え方を体系的に身につける

IT プロジェクト・マネジャーは、全業種のプロジェクトに求められる共通のマネジメントスキルとともに、IT プロジェクト特有のシステム開発を進めるスキルが必要とされます。
このコースでは、この2つの領域の知識を、プロジェクトマネジメントの流れと手順に沿ったかたちで学習していきます。

PMBOK®第7版対応

本コースは最新のPMBOK®ガイド第7版に対応しています。しかも、それをそのままなぞったものではありません。
実際のプロジェクトの流れに則し、プロジェクトを円滑に推進するための、より実践的な構成となっています。

学習する内容

マネジメント経験が十分ではない技術者でも、IT プロジェクトマネジメントのエッセンスやポイントをわかりやすく学習できるよう、設計されたコースです。

■ 第1章 IT プロジェクトマネジメント概論

IT プロジェクトマネジメントの基本的なフレームワークを学習します。

プロジェクトとは何か/プロジェクトマネジメントとは何か/プロジェクトマネジメントの手法/8つのパフォーマンス領域/リスク・マネジメントの基本/ステークホルダーの利害調整/リスクを軽減するフェーズ分割/フェーズと成果物/資源の活用/経営戦略と IT プロジェクト

 

lessonimage

 

■ 第2章 ステークホルダー・パフォーマンス領域

この章では、ステークホルダー・パフォーマンス領域をどのように実行していくかを学習します。

ステークホルダーの特定/ステークホルダーの理解、分析、優先順位付け/ステークホルダー・エンゲージメント/ステークホルダー・エンゲージメントの監視

■ 第3章 チーム・パフォーマンス領域

この章では、チーム・パフォーマンス領域をどのように実行していくかを学習します。チーム・パフォーマンス領域では、多様な個人を集めて高いパフォーマンスのプロジェクト・チームに発展させるための文化と環境を確立することを目指しています。

プロジェクト・チーム・マネジメント/チームの育成/プロジェクト・チームの文化/パフォーマンスが高いプロジェクト・チーム/ リーダーシップ・スキル

■ 第4章  開発アプローチとライフサイクル・パフォーマンス領域

この章では、プロジェクトの成果を最適化するために、どのような開発アプローチとライフサイクルを採用すべきかを学習します。また、最近採用されることが多くなっているアジャイル開発の特徴とチーム編成の方法などについても学習していきます。

代表的な開発アプローチ/アジャイルとは/アジャイルの特徴と効果/アジャイル・チームの形成/アジャイル・プラクティス

 

lessonimage

 

■ 第5章 計画パフォーマンス領域

この章では、計画パフォーマンス領域でどのような活動を行うのかを学習します。
計画パフォーマンス領域では、プロジェクトが組織化され、調整され、計画的に進むようにするための活動がふくまれます。

計画の概要/プロジェクトマネジメント計画書の作成/スケジュール/予算/コミュニケーション/調達

■ 第6章 プロジェクト作業パフォーマンス領域

この章では、プロジェクト作業パフォーマンス領域でどのような活動を行うのかを学習します。
プロジェクト作業パフォーマンス領域では、プロジェクト・チームが期待される成果を提供できるようにプロセスを確立し、作業を実行する活動がふくまれます。

作業パフォーマンスの管理/コミュニケーション/資源の獲得/調達の実行/変更の監視/知識のマネジメント

■ 第7章 デリバリー・パフォーマンス領域

この章では、デリバリー・パフォーマンス領域でどのような活動を行うのかを学習します。
デリバリー・パフォーマンス領域では、目指す成果を生み出すため、期待される成果物を作成するための活動がふくまれます。

価値の実現/成果物と要求事項の収集/スコープの定義/WBS の作成/品質マネジメントの計画/品質のマネジメント/ 品質のコントロール

 

lessonimage

 

■ 第8章 測定パフォーマンス領域

この章では、測定パフォーマンス領域でどのような活動を行うのかを学習します。
測定パフォーマンス領域では、デリバリー・パフォーマンス領域で行われた作業が、計画パフォーマンス領域で特定したメトリックスをどの程度満たしたかを評価します。

プロジェクト作業の監視・コントロール/効果的な尺度の確立/スコープの妥当性確認/スケジュールのコントロール/コストのコントロール/情報の表示

■ 第9章 不確かさパフォーマンス領域

この章では、不確かさパフォーマンス領域でどのような活動を行うのかを学習します。
不確かさパフォーマンス領域では、プロジェクトに内在する不確かさが示す脅威と好機について、どのように対処するかを決定します

不確かさ/リスク・マネジメントの計画とリスクの特定/リスクの定性的分析、リスクの定量的分析とリスク対応の計画/リスク対応策の実行/リスクの監視

■ 第10章 IT プロジェクトのライフサイクル

この章ではプロダクト指向プロセスについて述べていきます。
プロジェクト・マネジャーは、主にプロジェクト・マネジメント・プロセスを実施しますが、プロダクト指向プロセスについても管理が必要になります。

設計フェーズのアクティビティ/基本設計/外部設計/内部設計/プログラム設計/テスト計画の立案/導入・運用・保守に関する計画立案

lesson10

 

 

■ 第11章 プロジェクト・マネジャーの役割とスキル

この章では、プロジェクトと組織を円滑に運営していくためにプロジェクト・マネジャーに 必要な、基本的なスキルについて学習します。

プロジェクト・マネジャーの役割とスキル/ IT プロジェクト・マネジャーの基本的役割/意思決定/プロジェクトマネジメントの位置づけと役割/プロジェクトマネジメントの新しい潮流/プロジェクトマネジメントの資格

■ 第12章 IT 戦略とシステムの提案

この章では、提案プロセスの概要を学習します。提案は必ずしもプロジェクト・マネジャーの仕事ではありませんが、実務ではプロジェクト・マネジャーが提案活動に絡む場合がよくあるため、本章ではこの点を学習します。

ベンダーの提案型アプローチ/外部環境と内部環境の調査/問題解決のための分析/解決案の策定/戦略版ビジネスモデルの作成/提案書の作成

 

lessonimage

 

Customer Reviews

Based on 4 reviews
50%
(2)
50%
(2)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
A
Anonymous
改定された内容について理解ができた

旧版から改定された内容について理解ができた。また、記載されている内容が日々の業務遂行においても必要な点であることを再認識することで、よりマネジメント遂行や指導に根拠が持てることがよかったと考えている。

A
Anonymous
PMBOK第7版での変更点がよくわかる

PMBOK第7版での変更点や、プロジェクトマネジメントの新しい潮流について知識を得ることができ、たいへん有益であった。

A
Anonymous
PMBOKの内容を網羅

PMBOKの内容をわかりやすく網羅的に勉強できるコースだと思います。

A
Anonymous
チュータの回答が早くて良かった

各解説がわかりやすくまとめられていたと思います。また、チュータの方にも、当日に回答いただき、素早くわかりやすい解説をしていただきました。

Ranking 人気ランキング

FAQ よくあるご質問

Q.

PDU申請に必要な情報はどこに記載されていますか。

A.

コース最終章の「章のまとめ」、もしくは修了証書をご確認ください。
日本語もしくは英語表記になりますので、記載通りに申請してください。日本語のコース名であっても英語で入力する必要はありません。
申請方法についてはこちらをご覧ください。

Q.

同じ講座を複数回受けても受講証明になりますか。

A.

なりません。
PDUの申請は「1つのコース ID」 につき1回です。同じ講座を複数回受けても、2回目以降の受講証明の申請は無効となります。なお、コースの「版」が変更になった場合は、コースIDが変更になりますので新たにPDUを申請いただけます。

Q.

3年間に60PDU以上を取得したのですが、PDUに有効期限はあるのでしょうか。

A.

60PDU以上を取得された方は、次のCCRプログラム(3年間)に持ち越せるのは、3年目に取得したPDUのうち「20PDUまで」となっております。
ご注意ください。

Q.

取得したPDUはどうしたらよいでしょうか。

A.

取得したPDUはPMI®本部のWEBサイトでオンライン申請します。申請方法についてはこちらをご覧ください。

Q.

申請の際、英語で入力する講座名と機関名を教えてください。

A.

コース最終章の「章のまとめ」、もしくは修了証書をご確認ください。
日本語もしくは英語表記になりますので、記載通りに申請してください。日本語のコース名であっても英語で入力する必要はありません。
申請方法についてはこちらをご覧ください。