プロジェクトマネジメントのためのプレゼンテーション

プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネジメントのためのプレゼンテーション

  • リーダーシップ10PDU
  • 初級
チューター : なし ¥ 19,440(税込)

コース紹介

このコースは、プロジェクトマネジャーやそれを目指す方を対象にしたコースです。
本コースを学習することにより、社外や上司などを納得させられる魅力的なプレゼンテーションができるようになります。プレゼンテーション資料の作成だけでなく、プレゼンテーションに必要な準備から、プレゼンテーションでの話し方まで効果的・効率的に学習します。また、プロジェクトマネジャーとしての考え方からどのようなプレゼンテーションが望まれるか、ステークホルダーの立場に立ったプレゼンテーションや、マネージしやすい情報提供の方法を学習します。

受講期間
6ヵ月+閲覧期間6ヵ月
標準学習時間
10時間
学習目標
・プレゼンテーションに必要な資料の作り方や話し方など基本的な知識を身につける。
・プレゼンテーションを分析、計画、実行、確認、改善、のサイクルで行うことで継続的に上達させることができるようになる。
・プロジェクトマネジャーとして望まれるプレゼンテーションについて、「要求事項収集」、「ステークホルダーの期待のマネジメント」、「実績報告」等、シーンごとにどのような考え方で臨むべきかを把握する。
備考
本コースは、マネジメントスキルシリーズ「説得力のあるプレゼンテーション」コースをプロジェクトマネジャーや、それを目指す方向けに改編したコースとなっています。
対応デバイス
PC

目次

 

  • イントロダクション
  • 第1章 プレゼンテーションとは
     レッスン1 – 贈るもの
     レッスン2 – 2つの意味
     レッスン3 – コミュニケーションとの関係
     レッスン4 – 営業力・技術・経営の三大テーマ
     レッスン5 – マネジメントはプレゼンそのもの
     レッスン6 – 優秀なプレゼンターを目指そう
     レッスン7 – 資料、話、ポイントなど
     テスト – 確認テスト
     エクササイズ – プレゼンテーションとは
     章のまとめ
  • 第2章 プレゼンテーションの前に行うこと
     レッスン1 – 目的を明確にする
     レッスン2 – 相手(受け手)を知る
     レッスン3 – ストーリーを作る
     レッスン4 – 時間の割り振りを考える
     レッスン5 – ツールを考える
     レッスン6 – 場所(会場)を考える
     レッスン7 – 話し方を考える
     レッスン8 – 資料配布を考える
     レッスン9 – 資料の中身を考える-1
     レッスン10 – 資料の中身を考える-2
     テスト – 確認テスト
     エクササイズ – プレゼンテーションの前に行うこと
     章のまとめ
  • 第3章 プレゼンテーションの資料を作る
     レッスン1 – チャート=図を考える
     レッスン2 – 1枚の絵は千の言葉と同じ
     レッスン3 – コミュニケーションを高める
     レッスン4 – リーダーは図を描こう
     レッスン5 – 自信を持ってまず描く
     レッスン6 – 図を描くステップ
     レッスン7 – 描く習慣をつけよう(1)ロジックとイメージの両方を使う
     レッスン8 – 描く習慣をつけよう(2)大きな仕事もできる
     レッスン9 – 描く習慣をつけよう(3)自己表現力も伸びる
     レッスン10 – 描く習慣をつけよう(4)大事な概念は図で考えよう
     レッスン11 – 描く習慣をつけよう(5)大胆に構想、細心に描く
     レッスン12 – 図はキーワードの塊
     レッスン13 – 図形のいろいろ(1)マル印について
     レッスン14 – 図形のいろいろ(2)矢印について
     レッスン15 – 図形のいろいろ(3)図形の性格
     レッスン16 – 図形のいろいろ(4)タイトルとキャッチ、コメント
     レッスン17 – よい図を作るポイント(1)優れた図とは
     レッスン18 – よい図を作るポイント(2)箇条書きで考えない
     レッスン19 – さまざまな構図(1)凝集と拡散
     レッスン20 – さまざまな構図(2)目線を考えた図
     レッスン21 – グラフ
     レッスン22 – グラフの種類(1)円グラフ
     レッスン23 – グラフの種類(2)棒グラフ
     レッスン24 – グラフの種類(3)折れ線グラフ
     レッスン25 – グラフの種類(4)そのほかのグラフ
     レッスン26 – 訴求ポイントを明確にする
     テスト – 確認テスト
     章のまとめ
  • 第4章 プレゼンテーションを実行する
     レッスン1 – バーバルとノンバーバル
     レッスン2 – 事実と言いたいことを分ける
     レッスン3 – シンプルに落ち着いて話す
     レッスン4 – 集中してもらう
     レッスン5 – 間を上手に活用する
     レッスン6 – 聞き手の理解も確認する
     レッスン7 – メリハリをつける
     レッスン8 – 無意味な言葉を使わない
     レッスン9 – 一本調子で話し続けない
     レッスン10 – 聞き手はあなたの態度をみる
     テスト – 確認テスト
     エクササイズ – プレゼンテーションを実行する
     章のまとめ
  • 第5章 プレゼンテーションで伝えることはすべて伝わっているか?
     レッスン1 – 聞き手を観察してみよう
     レッスン2 – 聞き手に目を合わせよう
     レッスン3 – 聞き手の考えを聞いてみる
     レッスン4 – 聞き手の意見に対応する
     レッスン5 – 質問は最後まで聞き取る
     レッスン6 – 相手の質問を繰り返す
     レッスン7 – いい質問ですねと賞賛する
     レッスン8 – 感情的にならない
     レッスン9 – 合意や賛同得た事項を確認
     レッスン10 – プレゼンを振り返る
     テスト – 確認テスト
     エクササイズ – プレゼンテーションで伝えることはすべて伝わっているか?
     章のまとめ
  • 第6章 プロジェクトマネジメントとプレゼンテーション
     レッスン1 – プロジェクトマネジメント・プロセスとプレゼンテーション
     レッスン2 – 「要求事項収集」とプレゼンテーション
     レッスン3 – 「ステークホルダーの期待のマネジメント」とプレゼンテーション
     レッスン4 – 「実績報告」とプレゼンテーション
     テスト – 確認テスト
     エクササイズ – プロジェクトマネジメントとプレゼンテーション
     章のまとめ
  • コースレビュー

コースレビュー

  • 内容が分かり易く、現在の業務にすぐに活かせる内容になっており、大変満足している。

  • プレゼンテーションの準備や実施に際してのスキル向上に役立つ情報が多数あったと思います。

  • プレゼンテーションについて体系立てて整理されている為、部下に受講させると役に立つと思いました。

  • 内容はわかりやすく、章毎のテスト理解が深まりよい研修でした。

よくあるご質問

PDUの登録数が反映されません。

PMI®への申請について

PMI®に修了証書に記載のPDU数で 登録されていますので
一致しない場合は、PMI日本支部へお問い合わせください。

修了証書を手にいれたあとは何を行えばPMP®の資格がとれるのでしょうか。

PMP®受験について

一定期間のプロジェクトマネジメント経験など受験資格を満たしていれば、試験申し込み手続きをして受験し、合格すればPMP®資格を取得できます。
より詳しい内容についてはPMI®日本支部のWEBサイトなどでご確認ください。

取得したPDUはどうしたらいいでしょうか。

PMI®への申請について

取得したPDUはPMI®本部のWebサイトでオンライン申請します。申請方法についてはこちらをご覧ください。

PMI®への申請は代わりに行ってもらえるのですか。

PMI®への申請について

代行は行っておりません。自己申請していただけますようお願い申し上げます。

取得した PDU はどのカテゴリで登録できるのでしょうか。

PMI®への申請について

「カテゴリーA:PMI®登録済みR.E.P.または支部、PMI®コミュニティー」となります。
当社は PMI® から認定された教育プロバイダー(R.E.P.)です。

PMI®への申請手続きのやり方がわかりません。

PMI®への申請について

PMP®試験のための申請方法についてはこちらをご覧ください。
誠に申し訳ありませんが、当社では申請に関するサポートは行っておりません。
より詳細な内容を知りたい方はPMI®へ直接ご確認くださいますよう、お願いいたします。

プロジェクトマネジメント プロジェクトマネジメントのためのプレゼンテーション

  • リーダーシップ10PDU
  • 10PDU
チューター : なし ¥ 19,440(税込)