商品情報にスキップ
1 1

SBI大学院大学 MBA独習シリーズ

ビジネス統計学の基礎と応用

ビジネス統計学の基礎と応用

  • エントリー
チュータ
なし
学習時間
10.5時間
通常価格 ¥33,000(税込)
通常価格 セール価格 ¥33,000(税込)
セール 売り切れ
詳細を表示する

ビジネスのあらゆる分野において、統計分析は合理的な意思決定のために不可欠です。このコースでは、統計分析の基本概念(データ整理、母集団と標本、正規分布やその他分布)や主な分析法(推定、検定、回帰分析等)について、ビジネスでの活用も踏まえながら学習します。

数理的理論や複雑な数式はできるだけ回避し、一方で単なるハウツー的視点に陥ることなく、考え方や本質の理解に重心を置きます。

Course introduction コース概要

受講期間 2ヵ月
標準学習時間 10.5時間
学習目標 統計学の基本的内容を修得し、現実の企業ビジネスの諸活動を計量的に把握し、理解し、適切な判断ができるようになる。
マーケティング、生産管理、在庫管理、財務・投資などの分野で、データの統計分析を用いて、合理的意思決定のできる人材となることを目標とする。
前提知識 特にありません
対応デバイス PC、タブレット
チュータ なし
備考 特にありません

サンプル動画・問題を確認する

コースの動画を一部無料公開!!
本コースは動画での講義がメインとなっており、実際に授業を受けている感覚で学習を進めることができます。

 



 

※コースの紹介動画です。音声が出ます。

 

 

ビジネス統計学の基礎と応用 1章より

問題:
統計の起源について述べた以下の記述で正しくないものはどれか。

選択肢:
A.統計学(Statistics)の語源は、英語で国家を表わすStateと同じであり、国家学または国勢学と呼ばれていた。
B.統計学の起源のひとつである国勢学は人口を中心として、経済活動や富などに関する統計から国家を正しく把握するための技術として発達した。
C.政治算術とは、古代ギリシアやロ-マで哲学者が社会経済の解明を主張したものに由来する。
D.統計学と確率論の融合は、ゲーム・賭け事の勝敗や分配の分析を行ったことを嚆矢とする。
E.近代統計学では確率論が重要な役割を果たしているが、これは主に推測統計学と呼ばれる分野・方法につながる。

※正解・解説は実際のコースでご確認ください

FAQ よくあるご質問

Q.

開講までの流れを教えてください。

A.

入金日翌営業日をご入金確認日としております。開講は、ご入金確認日より3営業日後に受講開始となります。
▼入金から開講までの流れ
入金日翌営業日:当社にて入金を確認し、領収書をメールにてお送りいたします。
開講日前営業日:ID・PWをメールにてお送りいたします。
開講日:受講を開始いただけます。
詳細はこちら

Q.

法人での申込は可能ですか。

A.

可能です。法人申込での開催実績がございますので、団体でのお申し込みの際は、詳細は以下よりお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちら

Q.

領収書は発行できるか。

A.

"入金日の翌営業日"に当社で入金が確認でき次第、
「【BizLearn】領収書のご案内 ご注文番号 #●●●●」という件名のメールにて領収書のダウンロードリンクをご案内いたします。

会員登録をしている場合は、マイページからもダウンロードいただけます。

Q.

キャンセルすることはできますか。

A.

受講開始日より、7日以内かつコース受講が全体の1/3以上進んでいない場合、キャンセル規定を適用し、料金を全額返金いたします。
ただし、上記の条件を満たさない場合は、一切の返金をいたしかねますのでご了承ください。
なお、返金の際のお振込手数料はお客様のご負担とさせていただきます。