BizLearnLog

2020.09.16
お役立ち情報

基本情報技術者試験のシステム戦略分野の対策とは

基本情報技術者試験のシステム戦略分野の対策とは
BizLearnではeラーニング「基本情報技術者試験 合格総合対策コース」を提供しています。
日本の国家資格の一つである情報処理技術者試験。その中でも、IT人材に必要とされる情報処理の基本的な知識・機能・活用能力を試されるのが基本情報技術者試験です。令和元年度秋期の試験では受験者数6万人を超え、とても人気のある資格試験です。
基本情報技術者試験は午前と午後の試験に分かれており、両方を合格しないと試験の合格とはなりません。その午前にも午後にも出題されるのがシステム戦略に関する分野です。午前ではシステム戦略の用語やその説明についての問題が出題されます。午後の試験ではビジネスにおけるシステム戦略の利用シーンについて問題が出題されるため、各用語を知っていることに加えて、その実施の仕方も理解しておく必要があります。
今回の記事では基本情報技術者試験のシステム戦略の分野について解説します。
目次

1.基本情報技術者試験の一分野、システム戦略とは

基本情報技術者試験はIPA(独立行政法人情報処理推進機構)によって運営されています。IPAのサイトのシラバスより、基本情報技術者試験の問題のシステム戦略分野について記載を見てみると、下記が該当する範囲となります。シラバスには午前および午後の試験範囲が記載されているため、範囲は共通です。
大分類 7:システム戦略 中分類 17:システム戦略
1.情報システム戦略
(1)情報システム戦略
(2)エンタープライズアーキテクチャ
(3)プログラムマネジメント
(4)フレームワーク
(5)品質統制
(6)情報システム戦略実行マネジメント
2.業務プロセス
(1)業務プロセスの改善と問題解決
3.ソリューションビジネス
(1)ソリューションビジネス
(2)ソリューションサービスの種類
4.システム活用促進・評価
(1)システム活用促進・評価
参考:IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
https://www.jitec.ipa.go.jp/
システム戦略を考えるうえでは、ビジネスにおけるシステムの利用、ビジネスとしての考え方という視点を持つ必要があります。社会人はある程度持っている視点でも、学生にとっては難しい考え方であるかもしれません。

2.システム戦略分野の対策とは

基本情報技術者試験におけるシステム戦略分野で扱われる範囲について記載しました。一つの分野だけでも、そのビジネス的視点が必要とされる出題範囲に合格できるのか不安を抱く人もいるかもしれません。しかし、初心者や文系の人でも効率的に学んで基本情報技術者試験に向けた対策ができる方法があります。eラーニングを利用することで、効率的に基本情報技術者試験の対策をしましょう。

2.1.eラーニングを利用した学習方法

基本情報技術者試験の午前の問題は、過去に出題された問題と似た傾向の問題が繰り返し出題されています。つまり過去問を繰り返し解いて、過去問に対する解答ができるような力をつけていくことで、基本情報技術者試験の対策ができるということです。システム戦略分野も同様で、まずは過去問を利用した勉強が有効です。
※ただし、情報処理技術は現在も発展し続けており、新たな分野から出題が行われることもあります。
eラーニングには過去問題とその解説があるため、繰り返し学ぶことで午前試験の対策をすることが可能です。
また午後の試験問題は、午前で問われた知識に加え、そのシステム戦略の業務における実用レベルのケースについての問題となっています。こちらも特に実務で学ぶ機会がないのであれば、eラーニングを利用して理解を深め、過去の問題から解答の傾向をつかみましょう。

2.2.BizLearnのeラーニングから例題と解説

BizLearnのeラーニングからシステム戦略分野の問題を見てみましょう。
午前の問題 平成29年度春期試験より
問題:
非機能要件の定義で行う作業はどれか。

選択肢:
A.業務を構成する機能間の情報(データ)の流れを明確にする。
B.システム開発で用いるプログラム言語に合わせた開発基準、標準の技術要件を作成する。
C.システム機能として実現する範囲を定義する。
D.他システムとの情報授受などのインタフェースを明確にする。

Q1. 正解 B

非機能要件とは、システムに要求されるパフォーマンスや信頼性などの機能要件以外の、システムでは実装しない要件が該当します。
システム開発で利用するプログラミング言語に合わせた開発基準、標準の技術要件は、システムで実装する(しない)機能を定義する段階で取り決める内容ではないので、非機能要件で行う作業といえます。よって正解はBです。
A. 業務を構成する機能間の情報の流れを定義するのは業務要件定義で、業務要件定義をもとに、機能要件と非機能要件を定義します。よって、非機能要件の定義に該当する内容ではありません。
C. システム機能として実現する範囲を取り決めるのは機能要件の定義であり、非機能要件の定義に該当しません。
D. 他システムとの情報授受は、システム化された機能同士の内容なので機能要件の定義に属するものであり、非機能要件の定義に該当しません。


このようにBizLearnのeラーニングは丁寧な解説付きで、基本情報技術者試験に向けての勉強をサポートしてくれます。

2.3.午前免除制度の適用について

eラーニングを利用することには、もう一つ大きなメリットがあります。eラーニングの中には、午前免除制度を利用することができる場合があります。これはIPAに認定された講座を修了することにより、試験当日より事前に午前免除修了試験が受けられる制度です。事前に午前分の試験を合格しておくことにより、試験当日は難易度の高い午後試験に集中することができます。本来、午前と午後の試験を一日に受けなければならないところを分割して受験できるため、それぞれの試験範囲に絞り込んだ勉強が可能です。
BizLearnのeラーニングでは午前免除修了試験に対応しているため、初心者や文系の受験者にもおすすめです。

3.まとめ

基本情報技術者試験のシステム戦略分野の対策として、eラーニングを利用する勉強方法がオススメです。特に実務でシステム戦略を扱ったことのない方や学生の方は、eラーニングでのサポートを受けての学習で効率的に学びましょう。
基本情報技術者試験の午前免除制度を利用する場合は、制度に対応しているeラーニングを受講し、修了することが必須条件となります。また当然ながら、午前、午後の問題の勉強方法としても、eラーニングの利用がお勧めです。効率的な学習が可能であること、場所と時間の制約なく勉強できること、自身の弱点分野を把握して対策がうてること等、他の学習方法と比べても大きなメリットがあります。
当社のeラーニング「基本情報技術者試験 合格総合対策コース」は、効率的な学習で受講者の合格をサポートします。蓄積されていく個人ごとの練習問題の正誤結果により、間違いの多い分野の分析が容易になるため、自身の弱点に特化して対策を行えます。また、チュータ担任制度もあり、チュータが質問に回答してくれる仕組みとなっているため、難しい問題でつまってしまっても質問することでスムーズに解決をすることができます。また合格ナビゲーション付きのコースでは、どのようなペースで勉強していけばよいのか、モデルケースを示し、継続的なスケジュールに沿った勉強のサポートもしてくれます。もちろん、午前免除制度にも対応しています。
バナー

------------------------

【公式LINE運用中!】
LINEにて、キャンペーン情報やブログ更新情報をお届けいたします。
もしよろしければ、下記のボタンよりご登録ください。

友だち追加