BizLearnLog

2020.08.20
お役立ち情報

IT業界で転職を検討している人向け!おすすめの資格 PMP®

IT業界で転職を検討している人向け!おすすめの資格 PMP®
BizLearnでは、eラーニング「PMP®試験対策セット」を提供しています。
IT業界で働いてらっしゃる皆様で転職を考えている方も少なくないのではないでしょうか。転職をするならば、せっかくならキャリアアップにつなげたいかと思います。そのための一つの手段として資格の取得は有効です。本稿ではIT業界に役に立つと言われるPMP®に関してご紹介します。ぜひご参考にしてください。
目次

IT業界にとっての資格とは?

ご存知のようにIT業界で働くのには、弁護士に弁護士資格が必要なのとはちがい、特に資格は必要ありません。どちらかというと、IT業界においては現場で使えるスキルを持っていることのほうが重要視されている傾向にあるため、逆にいえば、資格は実際に現場とは関係のない知識だと軽視する傾向もあるかと思います。
ずっと同じ現場で働いている場合は、毎日の仕事内容の積み重ねで自分のことを評価・理解してもらえます。しかし、転職の場合は異なり、初めてあった面接官に自身のスキルを評価・理解してもらわなければなりません。そのために有効なのが資格です。資格がない場合は、自分のスキルや能力を面接官にプレゼンすることになります。しかし、資格がある場合には簡単に能力を証明することが可能です。このようにIT業界の転職の場合にも資格の取得は有効です。

IT業界おすすめの資格 PMP®

現在IT業界をはじめ、多くの企業が新規事業開発や組織変革などのプロジェクトに力を入れています。そこで求められているのが、プロジェクトマネジメントスキルです。そこで、今回おすすめする資格はPMP®です。PMP®は、日経xTECHが2018年に発表した「昇給や昇進に役立つIT資格トップ20」において、「実務に役立った」「昇進・昇格に役立った」でトップ、「転職に役立った」で2位でした。このようにIT業界のキャリアアップに活用できる資格としても注目されています。
PMP®とは、米国のPMIが運営しているプロジェクトマネジメントの資格です。ご紹介したように、PMP®を運営している母体が米国のため、国内だけを問わず、海外でも通用する国際資格として知られています。また、実務に即している資格としてもよく知られています。それは受験資格と資格の特性によるものです。
まず、PMP®は受験するために設けられている受験資格が一般的な資格よりもハードルが高いといわれています。具体的には大卒の場合で、最低3年間4500時間以上のプロジェクトマネジメント経験が必要です。このように受験するだけでも一定の実務を経験が求められており、有資格者だが実務経験はないというようなギャップが存在しません。
またPMP®は、取得したら終わりというものではなく、3年毎に更新が求められます。更新には、プロジェクトマネージャーとしてのコミュニティー発展のための貢献活動や、継続的学習が求められます。このように、市場が日々変わる中で常に現場に対応しているため、現場においても役に立つ資格としても認識されています。
その他、PMP®の試験内容は定期的に改訂されます。改訂にあたり現場のプロジェクトマネージャーの実情を把握した上で、現場に即した内容になることを意識されています。例えば、従来はウォーターフォール型のプロジェクトマネジメントが中心となっていましたが、近年のトレンドを取り入れてアジャイル型のプロジェクトマネジメントの問題などが追加になっております。このように常に実際のプロジェクトマネジメントに即した内容となっている資格としても知られています。

PMBOK®(ピンボック)

PMP®は、PMBOK®(ピンボック)を元にて実施されます。PMBOK®(ピンボック)とは、プロジェクトマネジメントの知識体系をまとめたものです。プロジェクトマネジメントのプロセスからプロセスの中で使えるツールや知識、スキルなどが体系的にまとめられています。そのため、プロジェクトマネジメントのスタンダードとしても認識されています。また、4年毎に更新もされており、常に最新の現場の声を反映させたものにもなっています。このように、プロジェクトマネジメントを体系的に学ぶ上でも有効な資格の一つです。

IT業界ではプロジェクトマネージャーが不足している

現在IT業界では人材不足が叫ばれて久しいです。特に人材が不足していると言われているのが、プロジェクトマネージャー職です。JCSSA景気動向調査によるとIT企業のうち56%の企業がプロジェクトマネージャー職の不足を回答しています。
グラフ
※「第9回JCSSA景気動向調査(JCSSA)」を基に作成
このようにプロジェクトマネジメントスキルの需要は高まっており、そのスキルの証拠となるのがPMP®です。このようにIT業界でもプロジェクトマネジメントスキルへのニーズが高まっておりますが、新規事業開発などのプロジェクトはIT業界にとどまりません。他の業界に転職する際のきっかけとしても活用可能です。

PMP®取得のメリット

キャリアアップだけにとどまらず、PMP®取得にはメリットがあります。一つは上述したようスキルアップにつながることです。実務だけでは学べないプロジェクトマネジメントスキルを体系的に学べるためプロジェクトマネジメントのスキルアップに繋がります。
2つ目は人的ネットワーク向上につながることです。PMP®の取得後の継続的学習としてセミナーや勉強会の参加が求められます。このような場において、普段は出会えない同じバックグラウンドや価値観の人が集まります。また、PMP®資格ホルダーによるSNSなどもあります。このように同じような悩みを抱えている人と、プロジェクトマネジメントに関してのディスカッションが出来るなど新たな人的にネットワーク構築にも活用できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。現在IT業界で働いている皆様も実際のプロジェクトに従事している方も少なくないかと思います。 今後の転職・キャリアアップのために資格取得を検討してみてはいかがでしょうか?繰り返しになりますが、現在IT業界ではプロジェクトマネージャーの不足が叫ばれています。PMP®は実務に即した資格としても知られており、国際的にも有効な資格です。自身のプロジェクトマネジメントスキルの証明となるだけでなく、プロジェクトマネジメントスキルをより深めるためにも活用できます。
キャリアアップ、転職にPMP®取得を検討してみてはいかがでしょうか。BizLearnではPMP®資格を効率的に、継続的に勉強できるようにeラーニング「PMP®試験対策セット」を販売しています。是非eラーニングを受講してPMP®資格を目指してみてください。
バナー

------------------------

【公式LINE運用中!】
LINEにて、キャンペーン情報やブログ更新情報をお届けいたします。
もしよろしければ、下記のボタンよりご登録ください。

友だち追加