BizLearnLog

2020.06.08
お役立ち情報

PMP®資格は本当に価値があるのか?PMP®資格のメリットを紹介

PMP®資格は本当に価値があるのか?PMP®資格のメリットを紹介
BizLearnでは、eラーニング「PMP®試験対策セット」を提供しています。PMP®資格とはアメリカの非営利団体PMI(Project Management Institute)が実施している国際資格です。PMP®資格をとると何がいいのでしょうか?本稿ではPMP®資格の解説とPMP®資格をとるメリットをご紹介します。
目次

PMP®資格とは

まずは、PMP®資格の概要をご紹介します。PMP®資格とは、「プロジェクトマネジメントプロフェッショナル」の略であり、アメリカの非営利団体PMIが提供しているプロジェクトマネジメントの国際資格です。アメリカ発のため、国内だけでなく世界標準としてグローバルにおいても通用する資格です。
PMP®資格には高卒、大学卒などにより条件は異なりますが、受験資格があります。例えば、大学卒の場合は、36ヶ月以上のプロジェクトマネジメントの経験と4500時間以上の実務経験です。それに加えて、35時間の公式な研修を受講する必要があります。
試験は言語が選択できるため、日本語で受験できます。全200題で計4時間のテストを受け、61%以上の正答率で合格と言われています。
普段の業務でプロジェクトマネジメントを担当されている方も多いかと思いますが、わざわざ勉強や新たな研修などに多くの時間をかけてまでの価値があるのかと疑問に思われる方も多いかと思います。次章ではPMP®資格取得のメリットをご紹介します。

PMP®資格のメリット3選

PMP®資格取得のメリットは大きく3点あります。
  • スキルアップ
  • キャリアアップ
  • 人的ネットワークの拡大
この3点はPMI日本支部でも期待できる効果としてあげられてますが、こちらではそれぞれをより詳しくご紹介・解説していきます。

スキルアップ

まず一点目は、個人のスキルアップです。実務では学ぶことができないプロジェクトマネジメントに関して体系的に学ぶことができます。その結果、実務の仕事効率が向上したり、自身の知識をチームに共有したりすることにより、チーム全体のプロジェクトマネジメントスキルが向上するかもしれません。
例えば、PMP®資格にはPMBOK®の学習が欠かせません。PMBOK®とは、Project Management Body of Knowledgeの略であり、プロジェクトマネジメントに関してのナレッジがまとまった書籍です。PMBOK®には世界中のプロジェクト事例も掲載されています。そのような世界中の事例、ナレッジを学ぶことにより、学ばないよりもプロジェクトの成功確率は上がります。
PMP®で学ぶことにより、プロジェクトマネジメントを体系的に学べるため、他者とプロジェクトを進めていく上で共通言語となります。その結果、プロジェクト進行がスムーズに進みます。
また、PMP®は継続的な学習が求められており、資格維持のためには自主的な学習が必要になります。このように資格取得のためだけでなく、継続的な学習を行い常にスキルアップすることが求められます。
このように、個人のスキルアップをすることでプロジェクトマネジメントがスムーズになるとともに、スキルが信頼へと繋がり、プロジェクトの進行などにも影響します。また、常にスキルアップしていくモチベーションにも繋がります。

キャリアアップ

2つ目のポイントは、キャリアアップにつながるということです。現在、日本においてプロジェクトマネジャー不足が謳われて久しいです。JCSSAの景気動向調査によるとプロジェクトマネジャー系の人材が不足していると答えている企業が56.1%でした。
IT業界で足りていない人材

※「第9回JCSSA景気動向調査(JCSSA)」を基に作成
このようにプロジェクトマネジメントのスキルの需要は高まっており、その需要に適合したスキルの証拠となるのがPMP®です。ご紹介した調査はIT系でしたが、プロジェクトマネジメントが求められているのは、IT系に限らず、新規事業開発を検討している企業など業界を問いません。このように需要が高まっていることで、PMP®所有していることは、業界を問わず幅広い選択肢を持てる様になり、転職に有利に働く可能性があります。
また、転職だけでなくキャリアアップにもつながります。PMIが実施したProject Management Salary Survey11th Editionでは、PMP®資格保持者の給料を非資格者の給料に比べると、22%高いという結果が出ました。アメリカなどでは30%も差があり、今後プロジェクトマネジメントも需要が高まることにより、さらなる差がつくかもしれません。
このように、転職やキャリアアップなど活用できるというのが大きなメリットです。

人的ネットワークの構築

3点目は、人的ネットワークが広がることです。上述しましたようにPMP®を受験するためには、公式の研修への参加をする必要があります。また、PMP®取得後の継続的勉強が求められて、セミナーへの参加や勉強会への参加が求められます。このような場では、自分と同じようなバックグラウンドの人や価値観の人が集まっています。そのような人と一緒に切磋琢磨しながら、プロジェクトマネジメントという同じ課題を抱えた人として仲間意識が生まれるものです。またPMP資格ホルダーによるSNSでのコミュニティも多数あり、様々な情報交換が活発にされています。このようにプライベートでも付き合えるような人的ネットワークが構築できます。そのような人脈は、もし独立・起業などを考えている時にも有効に活用できます。
また、PMP®は国際資格のため、日本だけでなく国外でも認められている資格です。例えばグローバルのプロジェクトに参加するときなどに、PMP®資格があることで海外のメンバーにも認められるきっかけとなり、グローバルなネットワークを構築するきっかけにもなるかもしれません。
このように、PMP®は新たな人的ネットワークを構築するきっかけになります。

まとめ

今までプロジェクトマネジメントは自己流でやってらっしゃった方も多いかもしれません。しかし、PMP®資格を取得することで、体系だった知識を学べることで今までのプロジェクトマネジメント業務もよりスムーズに進められるようになったり、チームのスキルアップにつながったりします。また、このように需要が高まっている今、現在の業務だけでなく新たなキャリアチャンスへのきっかけとなる可能性もあります。そして、スキルアップやキャリアだけでなく、同じ道を進んでいる仲間とも出会えます。 このようにPMP®資格には多くのメリットがあります。BizLearnでは、PMP®資格を効率的に、継続的に勉強できるようにeラーニング「PMP®試験対策セット」を販売しています。是非eラーニングを受講してPMP®資格を目指してみてください。

------------------------

【公式LINE運用中!】
LINEにて、キャンペーン情報やブログ更新情報をお届けいたします。
もしよろしければ、下記のボタンよりご登録ください。

友だち追加