【PMBOK®ガイド第6版対応】IT プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネジメント

【PMBOK®ガイド第6版対応】IT プロジェクトマネジメント

  • リーダーシップ4PDU
  • ストラテジー4PDU
  • テクニック27PDU
  • 初級
チューター : あり ¥ 41,040(税込)

コース紹介

本コースは、将来プロジェクトマネージャを目指す若手技術者を主な対象者とし、最新のプロジェクトマネジメントのエッセンスやポイントを学習するためのコースです。
PMBOK®ガイド第6版を中心とし、PRINCE2などもふくめたプロジェクトマネジメント手法や考え方、ウォーターフォールをベースとした開発手法、最新のアジャイル開発についても学習します。

受講期間
6ヵ月+閲覧期間6ヵ月
標準学習時間
35時間
学習目標
・IT プロジェクトの進め方やプロジェクトマネジメントの概要について理解する。
・PMBOK®ガイド第6版を中心にPRINCE2といった最新のプロジェクトマネジメントの主な考え方や手法を学習する。
・マネジメントのプロセスとプロダクト指向のプロセスの基本を理解する。
・アジャイル開発について理解する。
前提知識
・基本情報処理技術者と同程度の IT 知識
・何らかの IT プロジェクトに参画した経験
対応デバイス
PC、タブレット

目次

 

  • イントロダクション
     学習の進め方
     1.1. イントロダクション
  • 第1章 IT プロジェクトマネジメント概論
     この章の内容
     レッスン1 – プロジェクトとは何か
     レッスン2 – プロジェクトマネジメントとは何か
     レッスン3 – プロジェクトマネジメントの手法
     レッスン4 – 10 の知識エリア
     レッスン5 – リスク・マネジメントの基本
     テスト – レッスン1~レッスン5の確認テスト
     レッスン6 – ステークホルダーの利害調整
     レッスン7 – リスクを軽減するフェーズ分割
     レッスン8 – フェーズと成果物
     レッスン9 – 資源の活用
     レッスン10 – 経営戦略と IT プロジェクト
     テスト – レッスン6~レッスン10 の確認テスト
     エクササイズ – IT プロジェクトマネジメント概論について
     章のまとめ
  • 第2章 立上げプロセス群の活動
     この章の内容
     レッスン1 – 立上げプロセス群概観
     レッスン2 – プロジェクト憲章の作成 (1)
     レッスン3 – プロジェクト憲章の作成 (2)
     レッスン4 – ステークホルダーの特定
     テスト – レッスン1~レッスン4の確認テスト
     エクササイズ – 立上げプロセス群の活動について
     章のまとめ
  • 第3章 計画プロセス群の活動
     この章の内容
     レッスン1 – 計画プロセス群概観
     レッスン2 – プロジェクトマネジメント計画書の作成
     レッスン3 – スコープ・マネジメントの計画
     レッスン4 – 要求事項の収集(1)
     レッスン5 – 要求事項の収集(2)
     テスト -レッスン1~レッスン5の確認テスト
     レッスン6 – スコープの定義
     レッスン7 – WBSの作成
     レッスン8 – スケジュール・マネジメントの計画
     レッスン9 – アクティビティの定義とアクティビティの順序設定
     レッスン10 – アクティビティ資源の見積りとアクティビティ所要期間の見積り
     テスト -レッスン6~レッスン10 の確認テスト
     レッスン11 – スケジュールの作成
     レッスン12 – コスト・マネジメントの計画
     レッスン13 – コストの見積りと予算の設定
     レッスン14 – 品質マネジメントの計画
     レッスン15 – 資源マネジメントの計画
     テスト – レッスン11 ~ レッスン 15 の確認テスト
     レッスン16 – コミュニケーション・マネジメントの計画
     レッスン17 – リスク・マネジメントの計画とリスクの特定
     レッスン18 – リスクの定性的分析、リスクの定量的分析とリスク対応の計画
     レッスン19 – 調達マネジメントの計画
     レッスン20 – ステークホルダー・エンゲージメントの計画
     テスト – レッスン 16 ~ レッスン 20 の確認テスト
     エクササイズ – 計画プロセス群の活動について
     章のまとめ
  • 第4章 実行プロセス群の活動
     この章の内容
     レッスン1 – 実行プロセス群概観
     レッスン2 – プロジェクト作業の指揮・マネジメントとプロジェクト知識のマネジメント
     レッスン3 – 品質のマネジメント
     レッスン4 – 資源の獲得
     テスト – レッスン1~レッスン4の確認テスト
     レッスン5 – チームの育成とチームのマネジメント
     レッスン6 – コミュニケーションのマネジメント
     レッスン7 – リスク対応策の実行
     レッスン8 – 調達の実行
     レッスン9 – ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメント
     テスト – レッスン5 ~ レッスン9の確認テスト
     エクササイズ – 実行プロセス群の活動について
     章のまとめ
  • 第5章 監視・コントロール・プロセス群の活動
     この章の内容
     レッスン1 – 監視・コントロール・プロセス群概観
     レッスン2 – プロジェクト作業の監視・コントロール
     レッスン3 – 統合変更管理
     レッスン4 – スコープの妥当性確認
     レッスン5 – スコープのコントロール
     レッスン6 – スケジュールのコントロール
     テスト – レッスン1~レッスン6の確認テスト
     レッスン7 – コストのコントロール
     レッスン8 – 品質コントロール
     レッスン9 – 資源のコントロール
     レッスン10 – コミュニケーションの監視
     レッスン11 – リスクの監視
     レッスン12 – 調達のコントロール
     レッスン13 – ステークホルダー・エンゲージメントの監視
     テスト – レッスン7~ レッスン13 の確認テスト
     エクササイズ – 監視・コントロール・プロセス群の活動
     章のまとめ
  • 第6章 終結プロセス群の活動
     この章の内容
     レッスン1 – 終結プロセス群概観
     レッスン2 – プロジェクトやフェーズの終結
     テスト – レッスン1 ~ レッスン2の確認テスト
     エクササイズ – 終結プロセス群の活動について
     章のまとめ
  • 第7章 IT プロジェクトのライフサイクル
     この章の内容
     レッスン1 – 代表的なシステム開発手法
     レッスン2 – 設計フェーズのアクティビティ
     テスト – レッスン1 ~ レッスン2の確認テスト
     レッスン3 – 基本設計
     レッスン4 – 外部設計
     レッスン5 – 内部設計
     レッスン6 – プログラム設計
     レッスン7 – テスト計画の立案
     レッスン8 – 導入・運用・保守に関する計画立案
     テスト – レッスン3 ~ レッスン8の確認テスト
     エクササイズ – IT プロジェクトのライフサイクルについて
     章のまとめ
  • 第8章 プロジェクト・マネジャーの役割とスキル
     この章の内容
     レッスン1 – プロジェクト・マネジャーの役割とスキル
     レッスン2 – IT プロジェクト・マネジャーの基本的役割
     レッスン3 – 意思決定
     レッスン4 – 機能するプロジェクト組織をデザインする
     テスト – レッスン1 ~ レッスン4の確認テスト
     レッスン5 – プロジェクトマネジメントの位置づけと役割
     レッスン6 – プロジェクトマネジメントの新しい潮流
     レッスン7 – プロジェクトマネジメントの資格
     テスト – レッスン5 ~ レッスン7の確認テスト
     エクササイズ – プロジェクト・マネジャーの役割とスキルについて
     章のまとめ
  • 第9章 IT 戦略とシステムの提案
     この章の内容
     レッスン1 – ベンダーの提案型アプローチ
     レッスン2 – 外部環境と内部環境の調査
     レッスン3 – 問題解決のための分析
     レッスン4 – 解決案の策定
     テスト – レッスン1 ~ レッスン4の確認テスト
     レッスン5 – 戦略版ビジネスモデルの作成
     レッスン6 – 提案書の作成
     レッスン7 – プレゼンテーション
     テスト – レッスン5 ~ レッスン7の確認テスト
     エクササイズ – IT 戦略とシステムの提案について
     章のまとめ
  • 第10章 アジャイル
     この章の内容
     レッスン1 – アジャイルとは
     レッスン2 – アジャイルの効果と特徴
     レッスン3 – アジャイル・チームの形成
     レッスン4 – アジャイル・プラクティス
     レッスン5 – 進捗の管理
     テスト – レッスン1 ~ レッスン5の確認テスト
     エクササイズ – アジャイルについて
     章のまとめ
  • コースレビュー

コースレビュー

  • 難易度としてはちょうど良かったです。アジャイルについて理解できたのはとても有益でした。

  • プロマネの基本であり、部下にも勉強のため学習を勧めたい。

  • コース内容がPMBOK6thの内容を元にIT開発プロジェクトの観点でまとめられており、全体感をつかむうえで非常に有益であった。 また、ビジネスモデル・キャンパスを初めて知ったが、過去の知識の更新と新しい考え方を知るという点でも有益であった。

  • 確認テストがあるため、きちんと学んでいかないと先へ進めない点が好感が持てる。確認テストの回答においてはそれ以上の知識等を伝授してもらえるため気づきのポイントも多かった。

  • 単なるPMBOKの内容説明だけではなく、IT業務に則った実務的な側面からPMBOKの解釈もされているのでIT業務に携わっている方には大変おすすめです。チューターの方も解答が丁寧で詳細でした。

  • PMBOKの内容の基礎にあたる部分は学習しやすく、且つ、プロジェクトマネジメントの分野において幅広い知識を得ることができました。 また、8章のプロジェクトマネジャーの役割とスキルなど学習していて楽しく感じる物もありました。

よくあるご質問

PDUの登録数が反映されません。

PMI®への申請について

PMI®に修了証書に記載のPDU数で 登録されていますので
一致しない場合は、PMI日本支部へお問い合わせください。

修了証書を手にいれたあとは何を行えばPMP®の資格がとれるのでしょうか。

PMP®受験について

一定期間のプロジェクトマネジメント経験など受験資格を満たしていれば、試験申し込み手続きをして受験し、合格すればPMP®資格を取得できます。
より詳しい内容についてはPMI®日本支部のWEBサイトなどでご確認ください。

取得したPDUはどうしたらいいでしょうか。

PMI®への申請について

取得したPDUはPMI®本部のWebサイトでオンライン申請します。申請方法についてはこちらをご覧ください。

PMI®への申請は代わりに行ってもらえるのですか。

PMI®への申請について

代行は行っておりません。自己申請していただけますようお願い申し上げます。

取得した PDU はどのカテゴリで登録できるのでしょうか。

PMI®への申請について

「カテゴリーA:PMI®登録済みR.E.P.または支部、PMI®コミュニティー」となります。
当社は PMI® から認定された教育プロバイダー(R.E.P.)です。

PMI®への申請手続きのやり方がわかりません。

PMI®への申請について

PMP®試験のための申請方法についてはこちらをご覧ください。
誠に申し訳ありませんが、当社では申請に関するサポートは行っておりません。
より詳細な内容を知りたい方はPMI®へ直接ご確認くださいますよう、お願いいたします。

プロジェクトマネジメント 【PMBOK®ガイド第6版対応】IT プロジェク…

  • リーダーシップ4PDU
  • ストラテジー4PDU
  • テクニック27PDU
  • 4PDU
  • 4PDU
  • 27PDU
チューター : あり ¥ 41,040(税込)